研究機器オンライン
Laboratory Equipments Online

研究機器オンライン
和研薬株式会社

ID: K03607
ID: K03607

TOP > 15. 培養機器・恒温恒湿器・振とう機・電気炉 > CO2インキュベーター・マルチガスインキュベーター

PLANER(プラナー) / 朝日ライフサイエンス

マルチチャンバーインキュベーター CT37stax

CT37stax

  • COST EFFECTIVE SOLUTION~施設に対応した費用対効果の高いソリューション
    CT37staxの革新的な省スペース設計は、実験室で30%少ないスペースを必要としながら、現在利用可能なあらゆるベンチトップインキュベーターの最高のディッシュ容量を提供します。3~6個の培養チャンバーが用意されていますので、特定の実験室のニーズを満たす1台のインキュベーターを準備することができます。
  • IMPROVED WORKFLOW~研究室内でのワークフローの改善
    CT37staxには、作業工程と作業の流れを改善するために設計された多くの機能が組み込まれています。6つのすべての培養チャンバーが設置されていても、ほとんどのクリーンベンチ内側に配置することができます。
  • PROTECTION BUILT IN~包括的な保護機能を内蔵
    CT37staxには、包括的なアラームおよび監視機能が満載です。各培養チャンバーの複数のパラメーター(温度、ガス流量、蓋の開閉、蓋のロック解除、電源、CO2濃度および通信状態)は、インキュベーター上およびPIMSアプリケーションの両方で、可聴および視覚アラームで常時監視されています。
  • PROVIDING THE OPTIMAL ENVIRONMENT~培養成功のための最適な環境
    CT37staxの正確な環境調整システムは、独立した各培養チャンバー内を最適な状態に保ち、培養中の細胞にかかるストレスを最小限に抑え、成功の可能性を高めます。必要に応じて、培養中の細胞脱水を防ぐために、各チャンバーを個別に加湿することができます。
  • INCUBATOR MANAGEMENT MADE EASY~インキュベーター管理の簡易化
    CT37staxは複数のCT37stax用コントロールインターフェースとして機能するPlaner Incubator Management Software(PIMS)と共に供給されます。直感的でユーザーフレンドリーなインターフェースにより、実験室のどこにいても1台のPCから複数のCT37staxユニットを制御できます。

仕様
型番 CT37stax
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
420×270×210
重さ ドッキングステーション:14kg
培養チャンバー:3.5kg
電源 外部供給電源(電源アダプター入力用):100V(200V) AC 50/60Hz *3.5A@100V AC
電源アダプター出力(本体入力用):15V DC 17A
突入電流:53A@100V AC
保管環境温度 -10℃~+50℃
保管環境湿度 5%~95%RH 結露無きこと
保管時の必要事項 4ヶ月毎24時間電源接続のこと
操作環境 室内
操作時環境温度 +5℃~+40℃
操作時環境湿度 5%~95%RH 結露無きこと
高度 2,000mまで
操作時環境汚染度 汚染度2
非導電性の汚染だけが存在する。ただし、結露によって一時的に導電性になる場合がある
防水性 IP31
温度制御範囲 室温++5℃~室温++20℃ 上限温度40℃を超えないこと
温度測定精度 +/-0.2℃
温度制御精度 +/-0.1℃ 設定値の変化による一時的な影響が収まった後に測定
ガス量制御範囲 0mL/min~900mL/min 流量は0℃、50%RHおよび1bar時の測定値
ガス流量精度 +/-10%または+/-3mL/min
ガス流量制御精度 +/-5%または+/-2mL/min
設定値の変化による一時的な影響が収まった後に測定
希望小売価格
(税抜)
お問い合わせ