研究機器オンライン
Laboratory Equipments Online

研究機器オンライン
和研薬株式会社

ID: K04067
ID: K04067

TOP > 12. 物性計測・成分分析装置・検査機器 > 融点・沸点・滴点・密度・粘度測定装置

Rheolution(レオリューション) / フィルジェン

ソフトマテリアル用粘弾性解析装置 ElastoSensTM Bio

非破壊・非接触による粘弾性測定

ElastoSensTM Bio

    ElastoSensTM Bio は、非破壊・非接触かつリアルタイムにソフトマテリアルの粘弾性特性を正確に評価、分析することができるベンチトップ装置です。
    非破壊・非接触のため、一般的なレオメーターやDMA(動的器械分析)装置とは異なり、同一サンプルを用いて粘弾性の経時変化(ゲル化、膨潤、消化、分解等)を分析することができます。サンプルは取り外し可能なサンプルホルダーに保持され、測定時以外はインキュベーター等に戻すことができるため、細胞を含むサンプル、生体サンプルなどの分析にも活用できます。


    【特長】
  • 非破壊での粘弾性測定
  • 膨潤 / 分解のリアルタイム測定
  • 光刺激システム(オプション)
  • 高度な温度制御
  • 不活性ガスの導入によるサンプル反応の制御
  • 使いやすい専用アプリケーション

仕様
シリーズ ElastoSensTM Bio
型番 F-RH-ESB
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
230×508×268
重さ 16kg
電源 100~240VAC、50/60Hz
測定項目・範囲 ・貯蔵弾性率(G’):1Pa~1MPa(±1%)
・損失弾性率(G’’)
・複素弾性率(G*)
・損失正接(tan δ):0~1(±1%)
・サンプル高さ:1.0~20.0mm(±0.20 mm)
*貯蔵弾性率(G’)が500Pa未満の場合、貯蔵弾性率(G’)のみ測定可能
サンプル容量 0.35~7.0mL
*ただし、測定サンプルの貯蔵弾性率(G’)による
光刺激システム光源波長 〔標準〕 設定なし
〔オプション〕 365nm、385nm、405nm
チャンバー温度範囲 〔標準〕 室温+2℃~50℃(精度:±0.1℃)
〔オプション〕 4℃~70℃(精度:±0.1℃)
チャンバー温度制御モード ・温度制御なし
・ 一定温度
・カスタム(ステップ数、各ステップの温度、ステップ間の温度上昇/下降速度のプログラム)
測定可能な測定間隔 2秒~60分
設定可能な総測定時間 10秒~240時間
製品内容物 ・ElastoSens Bio 本体
・タブレットPC(専用アプリケーションインストール済)
・アクセサリー収納ケース
・キャリブレーション用サンプルピースセット(粘弾性測定用、高さ測定用2種)
・水準器
・サンプル揮発防止用オイル
・マニュアル(英文オリジナル版および和訳版各1部)
希望小売価格
(税抜)
お問い合わせ